住宅エクステリア・ガーデンと店舗ファサードのレポート


by E2FROG
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


d0074545_1353080.jpg
【 2009年 6月吉日完成ひたちなか市 O邸 】

Oさんは、日立市 Nさん からのご紹介でした。
”自分達で造っていくことも楽しみたいOさんに、 イーツーフロッグは合うと思う”
そう言ってNさんが紹介してくださったと伺いました。
Nさんありがとうございました。^^







“自分達で造っていくことも楽しみたい”
そんなOさんのお宅は、
d0074545_13245052.jpg
玄関まわりはほとんどOさんご夫妻で造られたそうです。
枕木やレンガ、植物が上手く溶け込んで、
温かみの感じられるエントランスになっていました。







さて、今回のご要望は園内工事です。
その園内は、駐車スペースの奥(建物の裏側)に広がっています。
d0074545_13285465.jpg
このときは奥様がご出産間際で、
除草作業などお庭のお手入れができない時期でした。
「仕方がないこと」とは思ってみても、
容赦なく茂っていく雑草には、やはり困っていらっしゃいました。





すると、
d0074545_1352479.jpg
上のお子さん(だったかな?)と、お子さんのお友達が来て、
草むしりのお手伝いをしてくれていました。^^スバラシイ♪




Oさんは、「園内にシンボルツリーを植えたい。
そして、後から自分達でも植物を植えたり、何か作ったりして楽しめるように、
自然な感じでレイアウトして作ってほしい。」とおっしゃっていました。








(施工後)駐車スペースの奥側は、
d0074545_1417134.jpg
来客のとき車を奥まで入れられるようにしておきたいとおっしゃっていたので、
建物のテラス辺りまでコンクリート部分を延ばし、
そこから枕木を徐々につなげていくように敷いてあります。
(光で反射してまぶしい部分がコンクリートです)









(施工後)園内西側
d0074545_14215835.jpg
西側の角には将来的にパーゴラを造って、
その下にはベンチなどを置いて憩えるように、足元はレンガを敷き詰めました。






d0074545_1442871.jpg
一部土のままのところが四角く残されているのは、
ここに物置が置かれる予定になっているからです。
物置を置くとき、下は砕石敷きかコンクリートになります。






d0074545_1513451.jpg
そのレンガ敷きの所からは建物のテラスに向かって
枕木とレンガの小道が造られています。







d0074545_154409.jpg
その小道のところは、後から奥様が下草を植えていく事になっているのですが、
草が生長して枕木とレンガに少しかぶさるような感じになると、
もっともっと雰囲気のある小道になっていきます。^^






d0074545_1563189.jpg
レンガ敷きの前には枕木で仕切られた家庭菜園コーナー。

“作業が終って疲れたらそばにあるパーゴラのベンチに座ってお茶を飲む”
将来的にはそんな使い方になるのかな?と想像できます。







シンボルツリーは
d0074545_15154067.jpg
ヤマボウシの株立ちを植えました。
初夏の頃には白い花が咲き、夏には気持ちのいい木陰を作ってくれるでしょう。









d0074545_152032.jpg
既存のウッドフェンス前は、低めのレンガ積みで仕切られ、そこは植栽帯になります。












d0074545_1775417.jpg
天端(上面)の高さを不ぞろいにしてありますが、
低くなっているところから低木の葉がこぼれて
自然な感じに見える事を想定してこのようになっています。











(施工前)
d0074545_17123734.jpg
施工前の西側からみる景色は、







(施工後)このように。
d0074545_17143951.jpg
(2010年3月撮影)
ここからOさんが植栽をしたり、レンガをちょっと足してみたり、
楽しんで造っていくばかりのものになりました。

暖かい季節になってきて、
これから植えるのを奥様も楽しみにしていらっしゃいました。
どんな風に植えるのか私達も楽しみにしています。^^♪













~自分達で造っていきたい方へ
         ちょっとだけアドバイス~

ゾーニング(お庭のレイアウト)や、
何かを施工する際に水平をとりながらになるものなど、
自分達でやるには苦痛になる(面倒くさい)部分をプロに任せてしまって、
ベースが出来上がってからそれに造り足していくのが、
楽しんで造っていける方法の一つです。^^

全部やろうとすると大変ですから、
大変なところはプロにお願いすることで、
「結果安上がりだった。」
なんてこともありますから、
考えていらっしゃる方はまず相談してみてください。^^
[PR]
by e2frog | 2010-03-18 19:01

お客様のブログ♪

こんにちは。^^
いつも見てくださってありがとうございます040.gif

皆さんに応援されながらがんばって更新しているブログですが042.gif
弊社のお客様の中にもブロガーはいらっしゃいまして。。。

皆さんのブログはどれもおもしろくて、ついつい見入ってしまいます。

お庭が完成してしまうと、なかなかお会いすることも減ってきてしまうので、
(本当は毎月でも顔を出したいところなのですが・・・(>_<) )
お客様のブログを見て、
その後の様子を知ることができると、とてもうれしいのです。^^♪

きっと皆さんにとっても同じことなのかなぁ。。。そう思うと、
“もっとマメに更新しなければ” !(・ヘ・)! 
と、自分で自分に“喝”を入れるわけでありますが・・・、


ところで今日は、そんなブログをやっていらっしゃる方の中から、
紹介する許可をいただけた2つのブログを、ここでご紹介したいと思います。

※弊社のブログの更新(完成したお庭のご紹介)が遅れているので、
 お庭よりも先にこちらをご紹介することになってしまう事をご了承下さい。
 お庭は改めてじっくりとご紹介します。m(_ _)m








<那珂市 T邸>
d0074545_1713553.jpg
Tさんのブログはコチラ
お家を建てる計画段階の頃からこれまでの、
主におうちでの出来事を載せていらっしゃいます。^^♪















<常陸太田市 T邸>
d0074545_17173995.jpg
画像は施工前のものです。
先日完成したばかりで完成後のお写真を撮っておりません。
この景色がどのように変わるのかは、乞うご期待下さい♪
(Tさんのブログで先に紹介されちゃうかも知れませんね。。。^^; )
そんなTさんのブログはコチラ
主に日曜大工のことを載せていらっしゃいますが、
最近パソコンが壊れてしまったとかで更新できずにいるとか・・・^^;。
その後、直りましたでしょうか?(笑)




このように、E2FROGのブログを通して、
お庭の仲間がたくさんできていったらいいな。。。と思ってます。^^
[PR]
by e2frog | 2010-03-16 18:03

d0074545_1631631.jpg
【2009年 5月吉日完成 東海村 H邸】

“リビングからの眺めを楽しめるようにしたい”
リフォームのご依頼でした。
(外構等:他社施工済)

















(施工前)
d0074545_16373030.jpg
エントランス塀側から見ると、
このようにお隣のブロックが目に入ってくるような状態でした。

リフォームすることで、Hさんには帰ってきたときに“ホッ”とするような、
そして、訪れるお客様が“まぁ、すてき。奥はどうなっているのかしら?”
と思ってしまうような空間を演出したい。
そんな思いを込めてできたお庭がコチラ↓








(完成)ジャン!!
d0074545_1762079.jpg
エントランス塀の近くにあった既存の樹木を移植し(画像右側の樹木)、
新たにナツハゼを1本入れました(画像左側の樹木)。

ナツハゼの名前の由来は、
夏にハゼのように葉が紅くなる性質があることからとか。
秋には黒褐色の実がつきます。
やや酸味が強いのでジャムや果実酒にして召し上がる方が多いようです。^^

フェンスの素材は「ウリン」。とても固くて重い木です。
そしてどこかにアルミの格子を入れたかったご主人の気持ちを汲んで、
フェンスの一部にアルミのラインを入れました。

H邸の場合はフェンスの高さの1/3より下のラインで入れるのがポイントです。
アルミのラインはフォーカルポイント中のフォーカルポイントとなって、
視線はそこへ注がれますから、視線があっちこっちに行かず、
見てほしいところを見てくれるようになります。049.gif















では引いて見てみましょう。
d0074545_17105111.jpg
駐車場から見るとこのように見えます。(エントランス塀などは他社で施工済)
フェンスは境界のブロックを全部覆っていませんが、
バランスよく樹木を配置することで、
人はまず樹木の枝葉が作り出すナチュラルな空間を見上げますから、
ブロック等はそれほど気にならないものになります。
















近づいていくと、
d0074545_17133560.jpg
このように見え、先ほど述べたようにアルミのラインが視界に入ってきます。
それから人はその辺りを見るようになりますので、
見てほしいところを見てくれるのです。

ナツハゼの足元には照明を入れましたが、
ここは周囲もほんわりと照らしたかったので、
スポットライトではなくポール状のライトを入れました。














(階段を上ったところから)
d0074545_17145388.jpg
既存の犬走りの前は、園内奥にいざなうようなアプローチを施工。

















d0074545_17493813.jpg
素材はモザイクタイル。
既存のピンコロ石との間にはタマリュウを植え込みました。














(施工前)
d0074545_17592389.jpg
園内奥側からの眺めは、








(施工後)
d0074545_184149.jpg
このように変わりました。
ウリンのフェンスがスクリーンになっているので樹木がよく映えます。















(施工前)園内奥
d0074545_187364.jpg
デッキの奥のお隣が見えるこの空間も、









(施工後)
d0074545_189196.jpg
ウリン材のフェンスで目隠し。
フェンスの上から覗くお隣の樹木が良い具合に借景となっています。















(施工前)
d0074545_18175754.jpg
デッキの正面も、








(施工後)
d0074545_18192618.jpg
ウリンのフェンス。
足元は縁取りが瓦の植栽帯です。


















このように視界をさえぎる物がない状態から、目隠しを考えるとき、
d0074545_18433733.jpg
お客様の多くは「圧迫感を感じるのでは?」と不安を訴えます。










しかし、目に見えない空間の境界が、フェンスを建てて明確になることと、
囲まれた空間が出来上がることで、逆に広く感じ、また安心感を得られるのです。
d0074545_18482270.jpg
















(物置の前からの眺め)
d0074545_1923175.jpg
結果、「囲まれた空間=ここちよい空間。」になるのです。^^
[PR]
by e2frog | 2010-03-12 13:14

では、引き続きK邸の園内をご紹介します。^^



<施工前>
d0074545_1330875.jpg
K邸は小さいお子様がいらっしゃるので、
お庭のお手入れがなかなかできないという問題がありました。

でも、やはりお客様がいらしたときにはきれいになっていてほしいし・・・
手入れは大変だけど、子どもたちのことを考えると、
裸足でも遊べるような芝生があってほしいし・・・

小さいお子さんがいるご家庭では、
皆さん同じように悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな奥様の悩みを解決して、毎日快適な生活を送っていただきたい。!(^^)!

そうして完成した園内がこちらです。⇓



<完成>
d0074545_13481439.jpg
樹木は既存の物が1本枯れていたので、それを抜いてカツラの株立ちを入れました。
(写真左側、ベンチの傍の樹木)

樹木の下の下草たちは、手を入れなくても自然に広がってくれるものを選びました。
下草が広がるまでは土がむき出しになってしまうので、バークチップで覆っています。
また、画像ではよく見えていませんが、フェンスにはスイカズラを絡ませてあります。















<施工前>
d0074545_143385.jpg
いつの間にか砂が減って、いつの間にかタンポポが生えてきていたというお砂場も・・・










<完成>
d0074545_1482887.jpg
見事復活です。^^♪

ベンチは実用性のあるディスプレーアイテム。
お子さんの遊んでいる姿をベンチに座って見ていられますし、
置いてあるだけでもそこはお洒落な空間になります。

ベンチ手前の立水栓はタイル貼り。
上についている石を左右にひねって、水抜栓を開閉します。

それから・・・





d0074545_16523262.jpg
お子さんの手形を入れました。

上のお子さん達の手形は階段につけてありました。
下のお子さんだけまだ手形がなく、どこかにつけたいということでしたので、
立水栓のタイル貼りの所を部分的に抜いて、そこへ。

“何をされるんだろう”
と、ドキドキの赤ちゃんにとうとう泣かれてしまい、
数回やり直して、やっととった手形です。















d0074545_10244614.jpg
スタイルはガッチリなのにかわいく見えるのは、
素材にモザイクタイルを使用しているから。
小さいタイルの集合とその色合いがかわいらしい雰囲気を作っています。






















(おまけ)
施工中は初夏の頃でしたので、外にいると暑~い日がありました。058.gif
お子さん達もお休みの日は、汗をかきながら外で遊んでました。^^

すると、水道のところへトコトコやってきたので、
水でも飲むのかと思いきや・・・



d0074545_10395013.jpg
おもむろに履いていた長靴の中に水を入れ始めました。(笑)
確かに、暑かったもんね。^^
私も仕事じゃなかったら、真似していたところです。





d0074545_10424578.jpg
お姉ちゃんも水を入れて、
二人で“チャポンチャポン”と楽しそうでした♪

二人とも元気かなぁ?^^
[PR]
by e2frog | 2010-03-10 10:46


d0074545_18301088.jpg
【2009年 5月吉日完成 常陸太田市 K邸】


リフォームのご依頼でした。



















d0074545_206626.jpg
玄関向かって右側の、














d0074545_207027.jpg
この空間。
物干し竿があっても、デッキや縁台がないので
とても干しづらいのが奥様のお悩み。

雨でも干しっぱなしにできるサンルームを建てたい、
というのがご要望の中の一つにありました。

というわけで、

















d0074545_20154652.jpg
サンルームを設置。
出幅が限られているので、TOEXの「フィリアⅡ」を選択。

竿掛けはお子さんが洗濯物を干すお手伝いができるように、
物干し竿の高さが変えられる、可動式のものにしました。^^


















d0074545_16453028.jpg
K邸は階段を下りた下の段が駐車場なのですが、

「ここにガレージがほしい。
既製品のものではなく、木材で造ってほしい。」
というのがご主人のご要望でした。

更に、ガレージの上はウッドデッキとして使いたい、というご要望も。

デザインも重視したいご主人の願いをなんとか叶えて差し上げたいと、
みんなで何度も話し合いを重ねました。

デザインばかり良くても、危険で使い勝手が悪かったら、
快適な生活は得られませんからね。!(^^)!

安全で、安心できて、使い勝手よく、そしてカッコイイ物を!

















<作業中>
d0074545_17221992.jpg
ということで、梁もこのように立派なものを使うことになりました。
人力だけではとてもムリヽ(>。<)ノ持ち上がりません。














<作業中>
d0074545_17243953.jpg
ちょっと組立てただけでも、かなりの迫力。 (・0・)!!














<作業中>
d0074545_1729456.jpg
骨組みができてきました。
骨太です^^
















<完成>
d0074545_17353950.jpg
そして、完成したのがこちら。














d0074545_1739872.jpg
ガレージの中に物置も収納。
















d0074545_17401461.jpg
ウッドは存在感のある温かみが感じられ、既製品とは違うかっこよさがあります。

















d0074545_1756158.jpg
サンルームの前は渡り廊下のように板をはり、
その奥にある階段を上ると・・・

















d0074545_1813824.jpg
デッキに出ます。
ガレージの屋根全面がデッキということですから、
かなり広~いデッキで、お子さん達もとても喜んでくれました。


















d0074545_18304024.jpg
夜は柱に取り付けた照明が灯り、
ウッドのガレージも照らされて、更に温かみを感じます。
帰ってきたときにホッとする空間です。





ところで、作業中、奥様から
「やっぱり園内もきれいにしたい」
とお話があり、追加で園内も施工することになりました。^^

その園内のご紹介は、また次回に。
[PR]
by e2frog | 2010-03-06 18:37