住宅エクステリア・ガーデンと店舗ファサードのレポート


by E2FROG
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

BIRD'S NEST

Aさんのお庭にある高いツバキの木の枝に鳥の巣がありました。
さっぱりと剪定してしまったので、外敵に狙われないといいんですが・・・。
d0074545_195187.jpg
[PR]
by E2FROG | 2006-06-24 19:07

スコール?

こんにちは。
梅雨入りしたとはいえ、すごい雨がふりました。
しとしとと降る雨は個人的には好きなんですが・・・。
d0074545_15531487.jpg
[PR]
by E2FROG | 2006-06-19 15:59
エクステリア・ガーデンを考える時にトータルコーディネートといえばハウスメーカーさんを思い浮かべる方が多いと思います。なんと言っても「住宅の事を一番知っているのは 住んでいる人よりもハウスメーカーさん」というのは事実なんでしょうから。
実際にその信用度はデータに確実に出ています。エクステリア工事の市場の話では、新築時に工事をされる方が1兆円規模、入居後に工事をされる方が6000億円規模、なんだそうです。やっぱり「新築に合わせて」という方が多いんですね。まぁ、これで全てが判るわけではありませんが・・・。
トータルコーディネートするって言ってもなかなかイメージが湧いてこないかもしれません。
意外と対象が曖昧だったりするもんです。
基本的には「建物のイメージに合わせてコーディネート」が多いんでしょうね。
でも、後で建物のイメージが自分に合わなくなったらどうします?
住宅を購入する年代は30代から40代が中心です。
住宅購入時はお子さんも小さくて将来に対するビジョンが見えていない時期である方も多いようです。
また、住宅の仕様によっては外壁や木部等の塗装や張り替え等が思っていた以上に早いタイミングで要求される事もあります。
ともかく、生活環境、住宅の持つ性質上の特性などによって、
「住宅は変化する」
ということです。変化するものに対するコーディネートですから、同じタイミングでエクステリアやガーデンも対応していかなくてはならないのです。
そこで重要なのが、
「計画の段階でそれを見越して考える事ができるか?」
です。わたしは思います。コーディネートの根拠となる対象は
「未来予想に基づく将来のライフスタイル」だと。
将来こうなりたい、将来自分と家族はこうなっているだろうという予測にコーディネートしていくんです。できれば住宅もそうであってほしいと思いますが・・・。
そして、新しいライフスタイルを自分で構築していけばいいんです。
エクステリアやガーデンは生活の環境、ライフスタイルを大きく変えてくれます。
新しいライフスタイルを手に入れる計画として、エクステリア・ガーデンの計画を考えて頂きたいと思います。
[PR]
by E2FROG | 2006-06-17 19:09
はじめまして。
本日、「E2FROG BLOG」をスタートします。
住宅のエクステリア・ガーデン、店舗・ショップのファサードに関する情報を発信していきます。
どうぞよろしく。
d0074545_15342485.jpg

[PR]
by E2FROG | 2006-06-09 15:34